自分を変える

人間関係で悩んでいるあなたへー視点を変えて悩みを見てみようー

こんにちは、占いカウンセラーの水香月です☺

少し前に流行った『嫌われる勇気』では
「すべての悩みは対人関係の悩みである。」

とまで言われていたように

人が思い悩む時そこには必ず他人の存在があります。

自分以外の意思を持つ存在がいる限り
すべて自分の思い通りにはいかないので

人と関わる限り自分の望まない状況
というのはいつでも発生しうるわけです。

するとそこに悲しみ、怒りといった
ネガティブな気持ちが出てきて

それらが積もると悩みになります。

ネガティブな気持ちが出てくることが
いけないわけではありません。

嫌なことが嫌なのは当たり前ですからね😉

けれどネガティブな気持ちというのは
やっぱり不快なので
どうしても持て余してしまいがち。

そこでそもそもなぜ
ネガティブ感情や悩みが起こるのか

普段悩んでいる時とはちょっと違う視点で
悩みを見ることで

ネガティブな感情や悩みとの付き合いが
楽になるかもしれません😉

悩んでいるその感情は誰のもの?

今あなたの中にある感情は一体誰のものでしょう?

もちろん、あなたのものです。

○○のせいで悩んでいる←これって本当?

自分の感情は自分のもの
ここまではわかっているはずなのに

では悩みの原因は?と尋ねると

○○さんがこんなことを言った、した
私は○○さんと比べてできていない…等々

なんか自分以外の人の話が出てくる。

○○さんがこうだから解決しない
誰もなんとかしてくれないから解決しない

これらが間違っているとは思いません。

そういうものの見方が必要な時もあります。

たとえば組織やコミュニティを管理する時とかね。
そして私達はそういう見方の教育を受けています。

誰かが泣けば、泣かした人が怒られるし
誰かが怒れば、その怒りは怒らせた人に向く

「悪い出来事は誰かに原因がある」

そういう教育を小さいころから何度もされて
更に観察学習を重ねてきた人が
ほとんどだと思います。

そりゃ自分が嫌な感情の時、悩んでいる時に
他人に原因を探しますよね。

けれどその視点はあくまで
ものの見方の1つでしかありません。

視点の1つでしかないという割り切りがないと
この視点こそが正解だと
その見方に囚われてしまいます😱

他の見方があることにも気付けなくなってしまう。

「悪い出来事は誰かに原因がある」
と思って物事を見ていると

自分の気持ちを穏やかな方向に
持っていってあげたいのに

その原因が外側の誰かさんにあるわけです。

つまり自分の悩みは
外側の誰かさんがなんとかしてくれないと
落ち着くことはない

という恐ろしい状況が生まれてしまいます😱

他人のせいでこんな気持ちになってる。
他人のせいで悩みが解決しない。

という考え方は感情のコントロール権を
他人に渡しているのと同じです。

そう決めてしまっている人は他人の力で
いくらでも不幸になることができる。

これって結構怖いことですよね。

悩みの原因を誰かのせいにだけしていると

他人に自分に起こるネガティブな感情・悩みの
責任や原因をすべて預けてしまうと

あなたの生活や人生は他人の言動次第で
大きく上下することになってしまいます。

言うなればその人は誰かと話したり
接点を持つたびに

その相手に自分の気持ちのコントローラーを
握らせていることになります。

恋愛とか、相手の重要度が自分にとって高いほど
この現象発生しやすいですよね。

この人は自分にひどいことをしないだろうか
期待に沿ってくれるだろうかと
ドキドキしてしまう。

結局これって言いかえると

「他人が思い通りに動いてくれない限り
私はいい気分になれないし
悩みは解決しない」

というハードルがとても高い縛りを
自分に課してしまうことになるんです😥

ネガティブ感情や悩み、その本当の原因は?

どんな時に私達は悲しむのでしょうか?

どんな時に私達は怒るでしょうか?

それは自分の期待通りに
事が進まなかった時です。


キーッ

ちょっと厳しい言い方をすると
いつだって私達が嫌な思いをする時は

他人が思い通りにならなかった時なんです。

・好きな相手が自分を好いてくれない
・あの同僚はこんなひどいことを言ってくる
・仕事でうまくいかない
・家族が喧嘩ばかりしている

裏返すとこうなる↓

・好きな相手に自分を好いてほしい
・同僚と仲良くしたい
・仕事で人に評価されたい
・家族には仲良くいてほしい

人の望みと自分の望みが違っていて
それがぶつかった時に

ネガティブな感情が自分の中に生まれ
そしてそれが積もり悩みになります。

もしかするとそこでなんとか自分の望む方に
状況を変えようと粘るのが
悩み続けるってことなのかもしれません。

だから悩むのがいけないとか
理想を持つのがいけないとか

そういうことではないです。

悩むのも期待があるのも普通!

ただ、悩みや期待にはこういう側面がある
ってことを理解しておくことで

悩みとも期待とも良い意味で
距離をおけるようになるんです。

こういうちょっと残酷な見方をわかっていると
悩みが真理にはなりえないでしょう?

人間関係が苦しいって悩んでいる時に

「いや本当にその苦しさって
自分でなんとかできないの?」と

悩み=どうにもしようがない という視点とは
異なる視点も持てるようになるんです。

ネガティブ感情も悩みも作り出しているのは自分だと知ろう

悩んでいる時って悩みの対象や相手をまじまじと観察して
分析して考えてしまいがちです。

けれどそれだけだと悩みの袋小路を
ぐるぐるすることになってしまうことが多いです。

そうならないためには

悩んでいる自分自身も含めて
悩みを観察してみましょう。

そうすると現実と自分の理想に
どのようなギャップが発生して
悩みが自分の中に起きているのか

という客観的な視点で
悩みを見つめることができます🔍

すると悩みをもっと高い視点から見れるので
主観に惑わされず、なぜ「自分が」悩んでいるのか
その理由がはっきりしますよ😊

悩みはいつだって
自分の中から出ています。

自分の理想や期待があって

それが叶わないから
嫌な気持ちになって悩むんです。

解決策を外に探す前に
悩みの大本である自分を見つめて

悩みの全体像、そして核を把握してみましょう。

これできるだけで全っ然違いますよ😉💕

悩んでいる自分の気持ちや状況を
言葉にできるようになるだけで
悩みはいくらか軽くなります。

それが自分の望む答えじゃなかったとしても
本当のことを言えたり、言われると

なぜかスッキリすることがあるんです。

悩んでいる時ほど面倒で苦痛な作業です。

人に嫌な思いさせられてる時だと

こんなにひどいことされてるのに
あの人のこと許さなきゃいけないの!?
と思ったりもするかもしれません。

けれどそういうことでなく
大切な自分のために人のことは
一旦脇においておく😊

そんな意識で自分自身を
観察する時間をとってみてください。

少なくとも悩んでいる時
自分は傷ついているし、苦しんでいるのだから

自分とちゃんと向き合って
悩みを整理してケアしてあげよう

そんな気持ちで自分1人になる時間を
とってみましょう!

悩みよりも悩んでいる自分のことを見てみよう

繰り返しになりますが
深く悩んでいる時ほどこの視点が効きます✨

まずこの水色の自分は絵でもわかるとおり
悩みから距離が置けているので

黒い自分の状態でいるよりも
感情が穏やかに安定しています😊

そんな自分が自分の中にいるだけで
「あ、なんか私大丈夫かも」
という安心感がすごいのです。

これマインドフルネスや禅で
提唱されている

自分の心との付き合い方なのですよ⭐

徐々にこの見方の癖をつけると

この水色の自分が
常に内にいるようになります。

あなたのイエスマンでもなく
もちろん敵でもなく

あなたを優しく見つめる自分が
常に自分の中にいるようになるんです。

悩んでいる時だからこそ

今までとは違う
新しい自分との向き合い方ができる
チャンスがそこにあります。

自分1人で向き合うのは苦しいって時は

お友達でも占い師さんでもセラピストさんでも
他の方の助けを借りるのも⭕です。

もちろん私もお手伝いしますから
気軽にお話ししにきてくださいな😉

セッション依頼は
↓こちらから受け付けています♫

セッション依頼はこちらから!

本当の自分と向き合い、自分を知り生きやすくなるための占いカウンセリングやってます✨

あなたは自分自身のことを
本当に知っていますか?

つい他人や周囲を優先して
自分自身を後回しにしていませんか?

本当の自分の思い、幸せ、癖などなど
本当の自分と向き合い、理解することで

人生は格段に生きやすくなります✨

占い+視る力+心理療法で
本当のあなたと向き合い
より幸せに生きるお手伝いをする

占いカウンセリング受け付け中です☺

受けてみたい方は、以下からお申し込みください🎵

セッション依頼はこちらから!占いセラピーの申し込み方法や概要をお伝えしています。...